妊活の味方イソフラボンのもつ効果

近年、不妊に悩む女性が増えています。社会的要因などにより、妊娠したくてもできない女性が増加しているのです。妊活という言葉の流行が、不妊に悩む女性の増加を物語っているといえるでしょう。妊活について更に知りたいならこちら。


こうした状況のなか、ある食品が妊娠を望む女性の間で注目されています。その食品とは、大豆です。大豆に含まれる大豆イソフラボンが、妊娠をサポートしてくれる成分として女性の関心を集めているのです。


大豆イソフラボンはポリフェノールの一種。その分子構造は、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンとよく似ています。この類似性が、大豆イソフラボンが妊娠に効果があるとされる理由です。


ここで、妊娠のメカニズムにおいてエストロゲンが担う役割について見てみましょう。エストロゲンは高温期に子宮内膜の増殖を促進させる役割をもっています。子宮内膜とは、いわば「受精卵が育つためのベッド」。このベッドを受精卵が育ちやすい状態に整えるには、充分なエストロゲンの分泌が必要です。


ところが、そんな重要な役割をもつエストロゲンも、常に充分な量が分泌されるわけではありません。睡眠不足や偏食などの生活習慣により、その分泌量は低下してしまいます。また、エストロゲンの分泌量は、自分の意志で簡単にコントロールできるものではありません。

そこで登場するのが、大豆イソフラボンです。先にご紹介したとおり、大豆イソフラボンはエストロゲンと分子構造が類似しており、エストロゲン同様に子宮内膜の形成を促進させてくれます。大豆イソフラボンが、エストロゲンの代わりに姙娠しやすい体内環境を整えてくれるのです。

また、血流の改善が期待できることも、大豆イソフラボンのもつ嬉しいチカラのひとつ。大豆イソフラボンには血液をサラサラにする効果があり、血流量不足の解消に役立つとされています。血流の改善によって防げるのが、多くの女性が悩む身体の冷え。冷えは子宮の機能を低下させる「妊娠の大敵」です。大豆イソフラボンには、この大敵を退治する効果も期待できるのです。

以上のような効果を持つことから、妊活に役立つとされる大豆イソフラボン。不妊でお悩みの方は、大豆イソフラボンの積極的な摂取を心がけてみてはいかがでしょうか。